オルソケラトロジー

就寝時に特殊なコンタクトを装着することで
手術をせずに視力(近視、乱視)を矯正

オルソケラトロジーとは

orthokeratology

一般的なコンタクトレンズとは異なり、寝ている間に特殊な形状をしたレンズを装用する事で、角膜の形状が正しく矯正され、朝レンズをはずしてもその角膜形状が維持されている間は、裸眼で過ごすことができるという、新しい視力矯正法です。

外科的手術のレーシック等に抵抗がある方も、レンズの装用を中止すれば角膜は元の状態に戻りますので安心です。

加えて、最近ではオルソケラトロジーの「近視抑制効果」も注目されており、今後は近視が進行している小児のみなさまへの更なる治療効果が期待されております。

角膜に近視、乱視があって、光が網膜より手前で焦点を結ぶ
就寝前 就寝前にレンズを装着
レンズを装着する事によって、角膜の形が変化する
睡眠中 睡眠中に角膜が矯正される
レンズを外した時に、近視が矯正されて網膜で焦点が合う
翌日 朝起床時にレンズを外し⇒視力回復

いままでのコンタクトレンズとは逆の使い方で、夜寝る時にレンズを装用し、朝起きて外すだけで角膜の形状が変化し視力が回復します。回復した視力は一定期間維持され、日中は裸眼でも良く見えるようになります。

当院では厚生労働省の認可を受けている 東レ社(ユニバーサルビュー社)「ブレスオーコレクト」、またはケイシカイメディカル・ジャパン社「クワトロレンズ」の2種類を取り扱いしております。

クワトロレンズ ブレスオーコレクト

オルソケラトロジー
メリット/デメリット

orthokeratology

メリット

日中裸眼で生活できる
職業上メガネの使用が難しかったり、「時間がたつとゴロゴロする」「夕方になると充血しがち」等、コンタクトレンズの不快感から解放されたい方へ。
裸眼でスポーツを楽しめる
野球・サッカー等のスポーツや、水泳・サーフィン・スキューバーダイビング等の水中のスポーツをされる方へ、裸眼で安全にスポーツを楽しめます。
外科的手術をぜずに視力矯正
「手術なのでやはりこわい」「術後の感染症などが不安」という方へ。オルソケラトロジーなら、レンズの装用を中止すれば角膜は元の状態に戻りますので安心です。
近視進行の抑制効果があります
オルソケラトロジーを継続すると、近視の進行が抑制されます。特に仮性近視の方や、角膜が柔らかい若年層の方に効果があります。
取り扱いは簡単
レンズの取り扱いは一般のハードコンタクトレンズと同様です。また、夜間装用なので、日中装用のようにホコリやゴミなどが目に入ることもなく目への負担やレンズを破損・紛失するリスクも少なくなります。

デメリット

  • 従来の昼間装用ハードコンタクトレンズと同じ合併症が起こる可能性があります。
  • 視力が安定するまで見え方が変動することがあります。
  • 夜間にまぶしかったり、にじんで見えたりする可能性があります。(ハロ・グレア)
  • 強度近視、強度乱視には不向きです。また遠視、老眼の矯正はできません。

オルソケラトロジー治療の流れ

orthokeratology

  • 検査・診察のご予約後に来院オルソケラトロジーの検査・診察はご予約が必要となります
  • オルソケラトロジー適応の検査・診察屈折、視力、角膜形状などの検査を行います。適応OKなら1週間お試しをしていただきます
    ※レンズは注文になる事が多く、お渡しまでに1~2週間かかります
  • ご予約、来院いただきレンズ受け取りレンズ受け取りの際はご予約いただき来院となります。検査・診察やフィッティング、説明を行い引き渡し致します
  • お試し期間終了。治療開始の確認1週間のお試し後、ご本人が本治療を希望し、診察で問題がなければご使用いただけます。
    ※当院のオルソケラトロジーは2年間のレンタル制となります。本治療開始後2年毎に更新(有料)が必要です

お試し期間もあるので安心して治療いただけます。
ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください!